6月1日 関東470反省!第1弾

こんばんは!2年の湯沢です!
今回は5月25日、26日に行われた2018年関東470選手権予選レースの各艇の反省を投稿したいと思います!本日と来週の月曜の2日に分けて投稿します。まず3824と4569です。

-----------------------


3824
S麻生 C村上
3824のクルーとして出場した3年の村上です。
二日間のレースを通して、収穫があると同時に多くの課題が浮き彫りとなりました。
なかでも実力また勉強不足として顕著に出たのが上りレグでのコース引きです。

スタートから第一線で出て、思い通りのコースが引くのが理想ですが、自分たちの今の実力ではそうすることができません。その中で、一つでも順位を上げるために、風の振れやその周期の傾向、ブロー、他艇との位置関係等の情報、要素を的確に判断し、意志のあるコースを引く力が必要だと痛感しました。今の自分は、使う海面やタックするポイントを一つの判断材料で決断してしまい、結果的に海面の真ん中を走ったり、悪い風を受ける位置でタックしたり、微風ではエンドを伸ばしきれなかったりしました。また目の前のことに対しての判断しかできておらず、先を見てその次の海面を考えて判断することができませんでした。これらを改善するために、勉強をして根拠となる判断材料、常に変わる海上での状況に対応した引き出しを一つずつ増やしていきたいです。
普段の練習では多くの艇数で練習する機会がなかなかありません。その中で、上記の課題を解決するために、ヨットの書物を見て勉強する他に、先輩方、他大の方などと交流をし、コース引きの経験不足を補っていきたいと思います。

応援してくださいましたOB・OGさんの皆様、保護者の方々、普段練習等でお世話になっている方々、ありがとうございました!

春インカレ予選、そして今回の関東470予選での悔しい思いを糧に、秋インカレでの目標達成に向けて、強い意志を持って練習に臨んでいきます。
これからも応援宜しくお願いします。



4569
S中西 C今野
こんにちは今回の関東470予選で4569のクルーとして出場しました3年の今野です。

私は春インカレ予選の時は控えクルーでした。同期がレースに出て活躍する姿を見て、どこでこんなに差がついたのだろうかと思うことがありました。レースに出ていない自分、この間にまた差が開く、焦りました。先輩として情けない話ですが、後輩の岡部が女子インカレに出ている姿を見て、私はレースに出れてずるいなと思いました。私はこれまでに3レースしか経験していませんでした。新潟遠征で2レース、春インカレ予選の最終レースの合計3レース。私はまだヨットレースをよく知っていないクルーなのでした。

だから今回の関東470予選のメンバーが発表されたとき、レースに出れる喜びはとても大きかったです。このレガッタを通して成長してみせる、自分の実力を試してみたいとワクワクしました。ふとヨットのことが頭に浮かんでは、スピンをパンピングして波に乗せてみせたり、トラピーズタックをしてみたり、江の島沖の海面でコースを引いてみたりしていました。ヨットは好きだなと自覚はありましたが、レースが近づくにつれ改めて自分はヨットが好きだなと気づかされました。

私は今回のレースで「自分たちのレースをする」を何よりの目標にしていました。私がこれまで出場したレースは先輩に頼りきりだったり、セオリーを無視した博打レースだったりしました。本来あるべき自分たちのレースができていませんでした。安定して20~30位で走ることが次の成長に繋がると思っていたのです。
しかしセオリーに忠実にコースを引き、着実に順位をとることは、頭で分かっていても難しいことでした。

一日目は北風→東風、オンデッキからハートラの風でした。予報よりも北風は長く残り、レース海面では20度の振れが入るほどの変則的なものでした。タックをいつ返すべきなのか、風が弱くなる、ブローを取りに行くべきなのか、ヘダーが入る、他艇は返してる・・・!北風に振り回された一日目でした。私たちの実力を過信はしていませんでしたが、それにしてもという結果でした。簡単にいい順位が取れると思うなよとヨットレースの洗礼を受けた気分でした。実は一日中レースをすることは今回が初めてで、なかなか疲れました。北風に悩まされて、特に頭が疲れました。
しかし、こんなときに二人乗りは互いに気持ちを支えあうことができます。ペアのためにもと、自分を頑張らせることができるのだなと思いました。陸に帰ってきてからは、ペアの中西さんと明日のリベンジに燃えていました。

二日目は南風。風は安定しておりパフに入ってフルトラピーズに出るような風でした。昨日に比べ二日目ということもあり、リラックスできていたと思います。私たちは5レース目を空いている下、それも下ピンで出ました。昨日の反省からスタートを3F(フレッシュウィンド、フリーウォーター、フルスピード)で出ることを課題としていたからです。スタートはそれこそ3Fで出ることに成功したのですが、ブローは早い段階で途切れてしまいました。タックを返すと上から出て右展開していた艇団に前を切られました。
続く6レース目、私たちは右展開だと判断し上から出ることを決断。この決断はリスクのあるもので上側は5レース目同様、艇団が集中しており私たちの技術で被されることなくスタートができるのかという心配がありました。しかしたとえ失敗したとしても上から出ることが自分たちのレースであり、次の成長につながると思ったのです。スタートライン形成はとても早く3分前くらいには並び始める艇が出ていました。私たちも2分半前には位置につきまし
た。
しかしここからが長く、じりじりと下に寄って行く。まだ時間がそんなにあるのか、早くしてくれ!上艇、下艇に挟まれるようになり30秒前に私たちはラインからはじき出されてしまいました。第二線スタート。即タックで右展開。苦いスタートでした。

私個人的に5・6レース目にしてようやくレースを掴んできた感覚がありました。ブローがよく見えるし、落ち着いて艇団を観察できていました。ペアの中西さんも段々と走りに集中することができているように感じました。レースをしながら、成長している手応えを感じていました。手応えを感じるようになった二日目のレースは一日目に比べ、少しですが順位を上げました。

まとめとして、今回の関東470予選は面白いことに毎レース、レベルごとに分かれて集団ができていました。トップ集団、上位集団、中位集団、下位集団のように。私たちは残念ながら下位集団だったのですが、その団子になった集団をすっと抜けることができれば次のレベルに行けると思えました。どっこいどっこいの争いから抜けることができれば20~30番台に順位を上げることができると確信が持てたのです。

チームの課題が明確になりました。専修の弱みに重点を置いた練習をしていく予定でいます。今回のレースはこれからの再出発のモチベーションになっています。あの集団を抜け出すためには基礎的な走りから戦略・戦術までも考えていく必要があります。春インカレ予選では苦汁を飲まされる結果となりました。応援してくださる方々にいい報告ができるように精進していきます。


-----------------------

いかがだったでしょうか?次回は3628と3536の反省をあげたいと思います。そして明日、明後日の土日は通常練習を行います。
それでは失礼します。

201806012123048c3.jpg

2018060121233250e.jpg

5月27日 関東470選手権大会 予選2日目!

こんばんは、4年の星です。
今日は関東470選手権大会予選2日目でした。
お先に最終成績を報告させていただきます。

4569 中西 今野
1R 40/ 2R DNF(CUT)/ 3R 39/ 4R 40/ 5R 35/ 6R 36
総合順位 77位/108艇中

4013 増田 長谷川
1R 23/ 2R 36/ 3R 25/ 4R DSQ(CUT)/ 5R 37/ 6R 38
総合順位 64位/108艇中

3824 麻生 村上
1R 34/ 2R 27/ 3R 44/ 4R DSQ(CUT)/ 5R 38/ 6R 36
総合順位 74位/108艇中

4034 羽田 高田
1R DNF(CUT)/ 2R 19/ 3R 40/ 4R DNF/ 5R 39/ 6R 46
総合順位 81位/108艇中


各艇、昨日の結果を挽回しようと強い意気込みのもと出艇していきましたが、結果振るわず本戦への進出は叶いませんでした。
出艇時は南からの3〜4m/sの風でしたが、レース中は5〜7m/sの風が入り、クルーがフルトラピーズになるかならないか、というコンディションで2レース行われました。
私は今大会では陸でのサポートとハーバー内での作業等をしましたが、2日間、レースに出て結果を残したかった、と強く思いました。また、今回のレースの結果の要因は何なのかを各艇で洗い出し、チームの課題として共有し、再認識する必要があると感じました。

今回、応援してくださった方々には残念な報告をする形となり、大変申し訳なく思っていますが、今回の結果を出場した選手含めチーム全体で受け止め、さらに精進して参りますので、今後とも引き続き応援の程よろしくお願い致します。
それでは、失礼致します。

20180527235535d19.jpeg

20180527235625f8b.jpeg

関東470予選1日目!!

こんばんは!3年の高橋です。
本日は、関東470予選の1日目でした!予報では、北東から吹く4〜6m/sの順風が、徐々に南風に回るにつれてどんどん風が落ちていくはずでしたが、朝から安定的に順風が吹いていて、予定通りの4レースをこなすことができました。

海面はA海面の予定でしたが、江ノ島スナイプも同時に行われていたので、関東470予選は陸から見る限り、結構遠くの沖の方の海面を使ってレースを行なっていました。

春インカレとは違い、4艇の船全てを出すことができたのですが、私は自分の力不足のために今回のレースは出場することができませんでした。レスキュー艇が故障しているため海から見ることもできなかったので、陸からレース海面を見て応援したり、トレーニングをしたりしました。また、先日入部してくれた1年生も含め、下級生は部のために部バイトを各々頑張ってくれました!

レース状況が全く分からなかったのでやはり海に出たかった、というのと自分もレースに出て成績を残したかった、といった悔しい気持ちは多くありますが、チームのみんなが、特に今回は私の同期も多く出ていたので、高いレベルの選手たちと一緒に戦っていることを考えると、結果を待っていてとてもわくわくしました!

1日目を終えての結果は、

4569 中西 今野
1R 40 / 2R DNF / 3R 39 / 4R 40
総合順位 81位/108艇中

4013 増田 長谷川
1R 23 / 2R 36 / 3R 25 / 4R DSQ
総合順位 58位/108艇中

3824 麻生 村上
1R 34 / 2R 27 / 3R 44 / 4R DSQ
総合順位 69位/108艇中

4034 羽田 高田
1R DNF / 2R 19 / 3R 40 / 4R DNF
総合順位 77位/108艇中

となりました。4色の色のチームに分けられ、2色ごとにフリートを行いました。

各艇いろいろな思いを抱えて今日を終えたと思いますが、明日も今日とは違った色分けをされ、また引き続き予選が行われるので、気持ちを新たにしてまた頑張ってほしいと思います!本戦に勝ち進めるように私も全力でサポートしたいと思います。
応援の程よろしくお願いいたします!
それでは失礼します。
20180526223309804.jpeg
20180526223327e85.jpeg

5月24日 春インカレのまとめ‼︎! 第3弾

こんばんは!2年の湯沢です!
本日の春インのコメントは最後の3628を投稿したいと思います!
-----------------------

3628
S増田 C宮里/今野
四年の増田です。今回は春インカレ予選で
良い結果を残すことができず、不甲斐ない結果を残してしまい、応援してくださった皆様の期待に応えられるような結果を残せなかったこと、大変申し訳ございません。

私としては、今回の春インカレ予選で初めてのインカレ出場だったのですが、自分と上位校との実力差を実感させられました。うねりが強いコンディションだったのですが、うねりに合わせた走らせ方ができず、上位校の選手とのボートスピードの差を実感しました。春インカレまでの練習で風や海面に合わせた走らせ方の技術が身についていなかったなどの課題点がレースを通して他大学と比べることで改めて痛感させられました。
また、レースでは女子インカレでもそうだったのですが、スタートで失敗してしまい、また1上での順位を徐々に落としてしまうということが多く、先手必勝を自分たちは掲げていたのですが、それを達成することができませんでした。細かいミスだったり、艇内でのコミュニケーションが上手く取れていなかったりなどの細かい積み重ねが大きなミスにつながってしまっていたと強く感じました。

上級生としながら、また、一番スキッパー歴が長いという中で振り返ってみるとまだまだ自分に対して甘い部分があったと強く感じました。四年の宮里とも乗っており、上級生ペアという中で意識が甘かったと痛感しました。

今後また秋インカレでしっかり、自分たちが立てた「秋インカレ決勝12位以内」を達成するためには、個人としても上級生として、チームとして結果をとことん突き詰めて意識していく必要があると考えます。
練習面から、自分に妥協することなく、上位校の選手と自分たちは何が違うのか、しっかり考え、自分たちの課題を知った上で今後練習に取り組んでいきます。今までやってきたことを続けるだけでなく、新たにいろいろな練習方法などチャレンジしていく必要があると考えます。

今後は応援してくださった人たちに良い報告ができるよう、春インカレで出た課題を自分たちで見つめ直し、課題解決に向けて努力していきます。

今後ともご支援、ご声援のほど宜しくお願い致します。今回は沢山の応援ありがとうございました。

-----------------------

いかがだったでしょうか?春インカレはこのような結果になりましたが、チーム全体で秋に向けてまた練習していきたいと思いますので皆様応援よろしくお願いします!

それでは失礼します。
20180524160947918.jpg

20180524161005284.jpg

5月23日 春インカレまとめ‼︎ 第2弾

こんばんは!2年の湯沢です!
本日も春インカレの各艇のコメントを投稿したいと思います!本日は3824です!

-----------------------

3824
S麻生 C村上
3824のスキッパーで4年の麻生です。
今回、女子レース1日目、インカレ予選に出場し、思うような成績を残すことができず、応援してくださった方々には申し訳ない気持ちでいっぱいです。

女子レースでは、同期の星と出場し、全日本女子に向けて、今の実力を確認しました。私達はシングルを取ることを目標とし、レースに臨みました。スキッパーとして初めてのレースであり、不安と緊張で、スタートや動作において、1レース目ではミスを連発し、自分達でも予期していなかった結果になってしまい、目標が程遠く感じました。1上から挽回することができないままフィニッシュしてしまったことが本当に悔しかったです。1レースを終えてからでは遅いのですが、シングルを取るという目標を達成するためにはどうすれば良いか考え直し、2レース目ではスタートから攻めました。結果は思うような順位を取ることはできませんでしたが、1上を6位で回航できたことは、実力を発揮できたとプラスに考え、全日本女子予選まで残り1カ月間の1日1日を大切にします。

インカレ予選では、3年の村上と出場し、15位という目標を達成することができず、チームレースとして決勝進出を果たせなかったことが、応援してくださった方々やチームのみんなに申し訳なく、本当に悔しいです。
インカレ予選のレースは昨年経験している2人であるにもかかわらず、大事なところでのミスや船のスピードなど、練習では経験できない悔しい思いをたくさんしました。スタート前に立てたコースがスタート後には違ったコースを通り、他艇に勝てない、挽回できない自分たちの実力の低さを痛感しました。1上からフィニッシュにかけて順位を落としていることも課題です。
この悔しさを忘れず、最終目標を必ず叶えるために、秋のインカレ予選、決勝まで残りの時間の使い方にこだわって、良い成績を残せるよう頑張ります。

4年生として、チーム目標を達成できず、チームの現状に向き合った時、チーム内には多くの反省点があり、改善していくだけではチーム目標を達成できないと感じました。今の実力を受け止め、見直し、今回勝てなかったチームに秋では勝つために、一人ひとりの意識を変え、やりきったと言えるよう、行動していきます。

今回、OB、OGの方々、保護者の方々、たくさんの方々に応援していただきました。本当にありがとうございました。今後も専修大学ヨット部をよろしくお願い致します。

-----------------------

いかがだったでしょうか。明日は最後の3628です。
それでは失礼します。

201805241612176dc.jpg

201805241612314ad.jpg

5月22日 春インカレまとめ!第1弾

おはようございます!2年の湯沢です!
本日から5月4日、5日に行われた2018年度関東学生ヨット春季選手権大会について、各艇ごとのコメントを3日に分けて投稿したいと思います‼︎
最初は4569です。

-----------------------

4569
S 中西 C 星/高田
今回のレース結果を踏まえ、まずは予選11位という不甲斐ない結果に終わり、予選突破出来なかったことに対し、応援して下さったOB・OG、保護者、関係者の皆様に深くお詫びすると共に、最後まで応援して下さり、深くお礼申し上げます。

今回の春インカレの結果を踏まえ、チームとしても、個人としても多くの課題の出た大会であったと感じます。我々の目標としていた、春インカレでの決勝進出は達成する事が出来ませんでしたが、決勝に行けた大学との違いは何か、速かった艇との違いは何かという事を深く考えさせられる、言い方を変えれば収穫の多い大会となりました。

個人としては、これまで春合宿を通して行って来たサークリングでの基本動作の練習やマーク練習での回航やコース引きといったところで、その成果を発揮出来たと感じた場面もいくつかありましたが、まだそれは100ではなく、要所の場面でミスが出てしまったり、まだまだ詰めていかなければいけないことが多くあるという事を改めて再認識させられました。速い艇や上位校はこういったロスが少ないことも自分たちとの差であります。秋までにそういった小さなミスでも一つ一つ修正していけるようにこれからの練習に臨んでいきます。

また、チームとしては、春インカレを通して一番に感じたことは、上位校はスタートからフィニッシュ、そしてレース間まで、全てにおいてチームレースをしていたという事です。スタートでは、3艇同じエンドのラインに並び、その後の走らせる海面も同じ海面を走り、フィニッシュする順位も固まってフィニッシュし、そしてレース間は3艇でまとまっている、など、これらのような事が私たちとの違いであると感じました。またそれは、レースの時だけでなくて、普段の練習から行なっているからこそ、レース時においても普通のこととして出来るのだと思います。当たり前の事である、集まる意識や声の掛け合い、それらコミュニケーションを海では勿論、陸にいる時から行なっていかなければなりません。当たり前のことをやる、という事が我々には一番欠けている事であると感じる為、練習以前にまずは、そういった基本的なことからしっかり見直して臨んでいきます。

反省をあげれば、まだまだ多くありますが、これらの反省を踏まえ、まずは部の目標、理念、原則など代が変わり建てたことを改めて見つめ直し、秋へのカウントダウンは既に始まっているので、一つ一つしっかりと向き合い、秋では春での雪辱を果たせるよう、全力で臨んでいきます。

再度になりますが、OB・OG、保護者、関係者の皆様、応援して下さり、有難うございました。秋に向けて、心改めて日々精進して参りますので、今後ともご支援、ご声援のほど宜しくお願い致します。

ーーーーーーーーーーーー----------ー

本日から3日間投稿します。明日は3824です。
それでは失礼します。

20180522103520fbb.jpg

5月20日 久しぶりの北風の強風!!

こんばんは!2年の羽田です。
本日は、午前は北風の平均8m/sでマックス14m/sまで吹き上がった中で東洋大学さんと帆練と上下コース練習をしました。吹き荒れた中でマーク練習をするのは私自身久しぶりだったので余裕が無くなってしまい、お恥ずかしい話ではありますが、船を走らせることで精一杯でした。基本的な動作や周りを見ることなどを余裕が無くなると出来なくなってしまうことが自分の欠点だと思うのでやはりこのようなコンディションでも積極的に出艇をして慣れることが重要だと感じました。

午後は風が東にまわり午前より風が落ちて7~10m/sの中で午前と同様に東洋大学さんと帆練と上下コース練習をしました。午前より風が落ちたので午前よりかはいい走りが出来たと思います。春合宿中ずっと課題だったマーク回航の動作も少し良くなっていて進歩が感じられたので個人的にすごく嬉しかったです。しかし、午前もそうだったのですが上マークまでの上りのレグでのメイントリムが課題となりました。これは前から私の課題なので、ひたすらメイントリムが出来る筋力、体力そして精神力を身につける必要があると感じました。
着艇する頃になると、風は4m/s程になり微風の練習も出来ました!本日は強風、順風、微風の練習することが出来て実りのある1日となりました!

春インカレ予選に敗れて早いもので2週間以上経ちました。やはり、負けることは何だって悔しいものですが負けたことにより様々な課題が浮き彫りとなり、部員ひとりひとりがチームのために何をすべきか考えるようになりました。秋インカレで雪辱を晴らすためにもこれから全力でチームの課題に向き合っていきます!

本日、合練してくださった東洋大学さんありがとうございました!
それでは失礼します。
201805202251179b1.jpeg
20180520225048cb1.jpeg

5月19日 久しぶりの江ノ島!そして女子新歓!

こんばんは、2年の岡部です!
今日はJ/24やフィンのレース運営などのバイト組と江ノ島で整備組とに分かれての活動でした。
私は整備組で、先週陸送を終えて葉山から江ノ島に戻ってきたばかりだったので久しぶりの江ノ島での活動になんだか気持ちが高ぶりました!ホームに帰ってきたな〜という感じで江ノ島の良さを改めて実感しました!
私の管理艇では、今日は主にトラベラーの不具合を直す作業をしました。色々と試行錯誤し、良い方向に持っていけたのではないかと思います!春インカレで頑張ってくれた船をしっかりメンテナンスして、また練習に臨みます!

そして、今日は夜から女子新歓というものがあり、葉山新港でヨット部の女子部員が集まって交流を深めようというイベントがありました!多くの大学が参加しており、専修大学も新しく入部予定の女子2人と現役3人の計5人で参加しました!腕相撲大会やジャンケン大会など楽しいゲームが盛りだくさんでとても楽しかったです!また、他大の人たちともたくさん交流でき、ヨットをしている仲間同士コミュニケーションをとって切磋琢磨していけたらと思いました!

レース運営組もレースを間近で見て学んだことが多くあったと思います!それらをチームで共有し、強くなっていけるよう努力します!
それでは、失礼します。
2018051922442102d.jpeg
2018051922460616b.jpeg

5月13日 葉山撤退!

更新遅くなりまして申し訳ありません。2年の滝口です!
本日は春インカレの裏で陸送を行い、無事学校に帰って来ました!悪天候の中での陸送となりましたが、特に大きなミスや、時間のロスは無く、スムーズに行えたと感じています。大会運営の方も1レース消化し、全6レースで決勝は決着となりました。
470級は早稲田が昨日の1レースで逆転優勝となりました。

2月の春合宿から今回の葉山での合宿はあっという間に終わってしまいました。同期にもそんな声がチラホラ…。きっと毎日が内容が濃い充実した日であったのでしょう!合宿を通して多くの知識を知ることができたと感じています。しかし、まだその知識は知っただけであり、身についているかと言われるとそうではありません。そういった知識を今度は身につけてより成長していきたいと思います!

今回の合宿を通して部員それぞれ違った反省点が見えてきたと思います。その反省点を修正し、秋インカレまでの期間で他大学より大きな成長を遂げられるよう頑張りたいと思います!

最後になりますが今回の合宿で差し入れや大会会場までいらして応援してくださった保護者の皆様、OB・OGの皆様に感謝し今日のブログを終えたいと思います。本当にありがとうございました!!
それでは失礼します。


2018051407082900c.jpeg

5/12 江ノ島新歓!!

こんばんは!2年生の藤原です!
最近は梅雨の時期というのもあり、雨の日が多く、気持ちまでドンヨリしてしまっていたのですが、今日は1年生の江ノ島新歓があるということもあってのことかとても天気も良く、ポカポカの1日でした!
今日は春季選手権大会の決勝の運営組、江ノ島新歓組、アメリカに旅立つOBの古市さんのお見送り組の3チームに分かれるという少し変則的なスケジュールの1日でした。自分は江ノ島新歓組だったのですが江ノ島で行う新歓は今年初めてで日程としては午前に陸トレ、午後に江ノ島観光をしました。江ノ島観光は冬合宿の時にする朝ランニングコースをのんびり散歩して最後にソフトクリームを食べたのですが一日を通して1年生がとても楽しそうにしてくれていたので良かったです!
そして今日はとてもお世話になったOBの古市さんがアメリカに旅立ってしまいました。古市さんになかなか会うことができなくなってしまうと、とても悲しいです。日本から応援しています、頑張ってください!!
明日は春合宿の締めとなる陸送なので、家に帰るまでしっかり安全かつ正確に行います!
それでは失礼します。

20180513005359d11.jpeg
20180513005418555.jpeg
201805130054530ac.jpeg
プロフィール

専修大学体育会ヨット部

専修大学体育会ヨット部

文字サイズ
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1287位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マリンスポーツ
75位
アクセスランキングを見る>>
今日のお天気
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
検索フォーム