FC2ブログ

12月29日 今年の漢字第3弾‼︎

こんにちは!1年の湯沢です!さて今回は先輩である2年生です!先輩方はどんな漢字なのでしょうか??楽しみです!

……………………………………………………………


長谷川達也 「修」
自分の今年の漢字は「修」です!お気づきの方もいられると思いますが、そうです!専修大学の「修」です!笑
今年は専修大学体育会ヨット部の50周年記念式典という大きな節目があった年でした。OB・OGさん方が築き上げてこられたヨット部をさらに発展させていこうと意気込んだ年でもありました。「修」には「学ぶ」という意味があり、知識面、運営面、もちろん470に乗って多くの事を学んだ年でもありました!また、470やテンダーの船台、データ係としての部パソコンなどの「修」理を誰よりもしたという意味もあります。笑


高橋遥 「悩」
今年1年は、漢字を見て頂けば分かると思いますが去年よりも悩む時間、考える時間がとても多い1年となりました。特に初めての女子インカレに出させてもらったことは貴重な経験だったと同時に、自分の技術がまだまだ未熟であるという現実をつきつけられて、このままじゃだめだと考えるきっかけになったと思います。
マイナスな漢字だと思えるかもしれませんが、この1年を踏み台にしてもっと来年は上手くなりたいです!!!


村上健太「透」
今年は、雑念なく純粋にセーリングに取り組むことが出来た一年でした。言葉を変えると、まだ背負うものが無く、先輩たちに引っ張ってもらった一年でした。
来年は自分の役割に集中するだけでなく、周りに影響を与えられるように頑張ります。
今年、一年間お世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします!



高田賢 「探」
今年の漢字をこの「探」にした理由はヨットに対して自分の疑問を探求した年だったと思いましたのでこの漢字にしました。ヨットについての本を読み込んだのでそれについての知識もつけることができました。まだまだ知識は足りないのでこれからも精進していこうと思っています。


今野利哉 「得」
今年は『得』という漢字にしました。得たものが多い一年でした。全部を載せると長くなりそうなので自分のなかで大きな3つを上げます。

①新潟遠征でのレース経験
自分はこれまでレースに出たことがなかったため、初のレースでした。結果は決して満足出来るものではありませんでした。自分の実力のなさをまじまじと実感し、情けなかったです。練習をしていく上でどのレベルまで出来なければいけないのか指標ができました。
またヨットレースの楽しさを知りました!迫ってくる緊迫感はとてもエキサイティングでゾクゾクしました。前の艇を抜かすことが出来たらどんなに気持ちいいんだろう、風が読めたらと、もどかしかったです。ただ早い順番で回航出来たときは気持ち良かったです!レースは練習よりもずっとずっと楽しい舞台でした!

②学連に入ったこと
今年の春の女子インカレ予選から学連に参加しました。正直、学連になることが心配でした。自分が色んな大学の人と仲良くできるのか、新しい世界に飛び込む前はいつでも不安です。少しずつ話せる人が増えていき、気軽に声をかけてもらえるようになりました。レース運営を通じて仲間になれたときは嬉しかったです!世界が広がって、今になっては学連としてヨット部を過ごせることができて良かったと思っています。

③後輩ができたこと
2年になり後輩ができました。後輩ができてから学ばされたことが多くありました。
良き先輩になるためには後輩から信用されるだけの行動・振る舞いを示す必要がありました。1年のときよりも責任がついてきました。後輩に対しての行動や言動は自分の人間性であり、その度に自分はこういう人間なのかと気付かされました。

今年はこのように得たものが多くありました。ヨットの技術以外にも、たくさんのことを経験し得ることが出来たと思います!!ということで今年の漢字は『得』です!

……………………………………………………………
いかがでしょうか?やはり2年生は1年生とは違う悩みがある1年だったらしいですね!さて明日はいよいよ最後の3年生です!それでは失礼します。

コメントの投稿

Secret

プロフィール

専修大学体育会ヨット部

専修大学体育会ヨット部

文字サイズ
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
744位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マリンスポーツ
38位
アクセスランキングを見る>>
今日のお天気
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター
検索フォーム