女子インカレ まとめ

3824
S増田愛実
こんばんは、三年の増田です。今回、女子インカレ、全日本女子インカレに同期の麻生と出場いたしました。今回は三年生となり、去年二年生だった時とは変わり、女子としては最上級生であり、全日本女子インカレに絶対に出場しなければならない、出場するという気持ちで望みました。女子インカレ、全日本女子インカレを通して、改めて強く感じたのはスタートの大切さです。自分たちは今回先手必勝と立てて、レースに望んだのですが、スタートが決まらないレースでは良い順位をとることができず、逆にスタートをしっかり決めることができたレースでは順位をキープすることができ、スタートの大切さをまた改めて強く感じました。また、今回秋の女子インカレには二度目の出場だったのですが、やはり、上位校のチームとの差を非常に強く感じました。今回のレースを通して、スタートやリーチング、フリーなどまだまだたくさんの課題が存在し、その課題を改善できるよう、今後どのように改善できるかを練習で常に考えていきます。来年は4年生となり、全日本女子インカレに絶対に出場し、その中で良い順位をしっかり取らなければいけません。また、今回はニ艇中一艇が全日本女子インカレに出場しましたが、今後や来年は出場する艇皆が全日本女子インカレに出場し、その中でしっかり良い結果を残せるよう、これからしっかり実力をつけていきます!この度は応援ありがとうございました。皆様の応援のもと、レースに望むことができました。今後とも応援のほど宜しくお願い致します!


C麻生寛子
今回、全日本女子予選、全日本女子に3824のクルーで出場した3年の麻生です。
予選8レース、本選7レースと計15レースを短い期間で経験し、自分達の成長を感じました。特に私が、女子レースを通し得たものは、失敗したスタートからの挽回力です。良いスタートを切ることは、ずっと課題であり、失敗した瞬間、レース全体が失敗してしまった、順位を上げることは難しいと自分が勝手に決めつけていたことに気がつきました。気がつき、反省し、悪い出だしからどう挽回するのか。スタートはレースにおいて、自分の中で一番大事なポイントだと考えていますが、そこで失敗した後の切り替え、いつタックしたらフレッシュをつかめるかなど、フレッシュを走り続けることが勝つために大事だとレースを通して感じました。しかし、それでも1マークまでは近くにいた強豪校もフィニッシュでは遥か前にいて、実力の差をとても感じ、悔しい気持ちでいっぱいです。そこで感じた強豪校との違いは、自艇がするミスの数だと考えました。ミスが少ない艇はミスをしている艇に勝てる。実際、トラブルの起こってる艇を抜いたり、逆に抜かれたり、一つひとつのミスで順位を落としてしまい、レースになると集中力が散漫して、ミスを連発してしまうのが私の艇の反省点です。今回、女子レースで得た課題点を次のレースでは改善させること、ミスをしないために、もっと頭を使って、次の場面を想定しながら余裕を持ってレースに臨めるように、練習からもっと突きつめてさらにステップアップしていきます!
OB、OGの方々、保護者の方々、いつもお世話になっている方々、応援ありがとうございました。
来年はもっと良い順位にこだわってレースができるよう頑張ります!引き続き、応援の程よろしくお願い致します。



3628
S高橋遥
私にとって今回の女子インカレは、ちゃんと出場する初めてのレースだったというのもあり、初めてする経験や、初めて持つ感情でいっぱいいっぱいの二日間となりました。そこに至るまでの時間は今までよりたくさんヨットに乗せてもらい、頭では分かっているのになかなか上手く出来ずに葛藤したり、時々思い通りに上手くいって嬉しい気持ちになったりの繰り返しで、自分の中では今までで1番成長できたのかなと感じています。私はこれまで誰かと争うという経験があまりなく、自分自身でも自分に競争心が足りないことがとても不安で、ヨット部のプレイヤーとして戦っていくことに対していろいろ考えてしまうこともありました。しかし先輩の言われた通りレースをこなしていく中で、ここには負けたくない、この順位をキープしたままフィニッシュしたい、最下位にはなりたくない、などの思うようになり、自分の中でも気持ちの変化を感じました。まだまだ技術面、知識面で足りないところが多く、また自分の基本的なミスでせっかくのいい順位を一気に落としてしまったり、悔しい点がどんどん出てきますが、この経験を活かして次の春までにどこまで自分が成長できるかが大事だと考えています。クルーに頼りすぎず、自分でももっともっと考えながらセーリングできるスキッパーになりたいです。星先輩にはペアとして一緒にレースに出てくれて、次に繋がるいい経験をさせてもらえたことに感謝しています。
最後になりますが、応援してくださった皆さん本当にありがとうございました!とても心強かったです。相手にも自分にも負けずに強気でまたこれから切り替えて頑張ります。応援よろしくおねがいします!


C星千遥
3年の星です。今回私はクルーとして、2年の高橋とペアを組んで女子インに出場しました。高橋は、今大会がスキッパーとして正式に出場する初めてのレースだったので、2人で「ノーケース、ノートラブル、沈しない、完走する」「20位以内を目指す」を目標にしてレースに臨みました。1日目は前者の目標は達成できましたが、順位目標を達成することはできませんでした。2日目では、第7レース目に沈をした上リタイアしてしまい、最終的に目標を両方とも達成することができませんでした。予選2日間、計8レースを通して感じたこと・反省としてあげられるのは、スタートで攻めきれず「成功した!」というスタートが切れなかったこと、トラブルシューティングの未熟さ、まっすぐ走らせることの難しさ、何より死に物狂いでも完走させる意思が弱かったのではないかということです。特に、前述の第7レース目は比較的良いスタートを切り、1上マークを20位以内で回航できていたにもかかわらず、リタイアの判断を下してしまったのですが、あの場面では意地でもレースに復帰させ、完走させるべきでした。ペアの中で、私は先輩として高橋を引っ張っていかなければならないのに、余裕がなく精神的な面で隙が出てしまったのだと思います。今大会での悔しさは2人で噛み締め、バネにし、技術的な面はもちろん、気持ちの部分からも強く、もっと「勝ち」に貪欲になっていきます。
いつもお世話になっている皆様、応援してくださった皆様、ありがとうございます。また、サポートしてくれたチームのみんな、ありがとうございます。
今後も応援のほど、よろしくお願い致します。


女子インカレ予選
3824 18/16/DSQ/18/13/17/12/12 15位
3628 24/22/22/22/23/25/RET/19 23位

全日本女子
3824 21/29/28/21/24/14/32 26位

コメントの投稿

Secret

プロフィール

専修大学体育会ヨット部

専修大学体育会ヨット部

文字サイズ
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1149位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マリンスポーツ
63位
アクセスランキングを見る>>
今日のお天気
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
検索フォーム