3月1日 リーダースキャンプ

こんばんは。主将の大川です。

2月29日から1日の間、専修大学体育会主催のリーダースキャンプに自分と女子リーダーの田中で熱海まで研修に行って来ました。
1日目は高橋明氏による講演を聞きました。ここでは障害を持った人達の話をして頂き、障害者スポーツは健常者も出来る同じ「スポーツ」なんだということ、自分が意図せず持った障害に対し「可能性」を信じて追求する大切さを教えて下さりました。
また、講演後にはグループディスカッションをし、同じ体育会の主将として部活の悩みをそれぞれ打ち明けました。自分達のグループでは「明るい雰囲気を保ちつつメリハリを意識した部活にするには?」をテーマに夜の自由時間も使い議論を重ね合いました。常にこれを本気で考えているメンバー同士だからこそ熱い議論が繰り広げることが出来たと思います。
2日目はグループで昨日話し合った内容の発表と体育会に付きまとうパワハラについての講演を聞きました。


今回のリーダースキャンプを通し気付いた事として、多くの色々な体育会があっても悩む問題、在りたい部活像は共通していたという事です。
アメフト部、レスリング部から弓道部、射撃部の主将の悩みも明るい雰囲気にはしたいが、それだけでは部活に真剣に取り組まない部員が出てくる、
そんな部員にどう接するか?
どうモチベーションをあげさせるか?
どうやって自発的な責任能力を持った部員に育てられるか?
部活を支える一員になってくれるか?
という同じ悩みを抱えているという事を知りました。
多くの部活が去年の10月から新体制となり今日で4ヶ月が過ぎました。この4ヶ月間、部活と本気で向き合って出てきた悩み、課題をこうして同じ専修大学の主将達と競技は違えど本気で話し合えた機会を頂き本当に感謝します。
春インカレまであと1月ほどですが、最高のメンバー達と最高の練習が出来るよう試行錯誤してまた悩んでいきます。


それでは、失礼します。

コメントの投稿

Secret

プロフィール

専修大学体育会ヨット部

専修大学体育会ヨット部

文字サイズ
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
931位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マリンスポーツ
41位
アクセスランキングを見る>>
今日のお天気
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カウンター
検索フォーム