関東学生秋季ヨット選手権大会 最終日

こんばんは!
3年の松田です!

専修大学体育会ヨット部!決勝決めました(T_T)(T_T)!
本日は1度海には出ましたが、ド強風のためノーレースとなりました。よって、昨日までの3レースの得点結果で決勝進出校が決定されました。

1位 78点 千葉大学
2位 157 立教大学
3位 159 東京大学
4位 167 横浜国立大学
5位 176 学習院大学
6位 181 東京工業大学
7位 196 成蹊大学
8位 215 上智大学
9位 234 専修大学

以上9校が決勝進出となりました。


「秋インカレ決勝」
と、目標を掲げ一年間どうすれば、秋インカレ決勝に進めるか…ひとりひとりが考えながら活動し続けていました。四年生が就職活動で不在という大きな穴を埋めるべく、まずはヨットに乗る以前の所から自分達ヨット部が変われる所はどこなのか、強いチームとの違いはなんなのか、手探りではあるものの意識をして生活することから始めました。今まで意識をしていなかったことを意識することで甘い面が見つかり、変化していく道が生まれてきたように思います。より良い道を探すためには、やはり1人の目では見つかりません。チーム全員でチームの方向性を見つけていくため、チームワークを重要視しました。個人を見ると弱い専修…ですがみんなでまとまれば、助け合えるチーム。そんなチームでここまできました。春インカレは、ボロボロの成績で終え、個選、女子インと進んで来ました。結果は、ぱっとせずこのまま夏合宿を過ごしてしまうと目標達成はできない。どうすれば決勝にいけるのか…。原点に戻り新チームになり春にたてた、ヨット部の理念「本気で楽しむ!」が今出来ているのか…本気で楽しむためには、どうすればいいのか…単位の不安や、お金の問題、ヨット以外の面で不安があればヨットも本気で楽しめません。海で失敗したことを陸に持ち帰って落ち込んでいるだけでは、チーム全体が暗くなり本気で楽しめません。徹底的にヨットを本気で楽しむために、夏合宿は過ごしました。台風で夏休み前半はほとんど練習になりませんでしたが、夏休み一日一日をヨットに乗っているとき以外でも意味をもって過ごしました。そんな夏合宿までの成果がこの秋季インカレで出せたのではないかと思います。予選レースは、みんなが、「決勝へ行くために」陸組も、テンダー組も、レースメンバーも、思いをもってチームで戦い勝ちをとれたレースとなりました。

自分は一年間、決勝に行かなければならないと思い活動していたせいか、インカレ予選の3レースが今までのレースの中で一番きつく一番楽しいレースでした。決勝では、目指してきた所で戦えることを噛み締めながら、挑戦者として暴れてきます。


OBの皆様、福原部長先生、体育事務課の皆様、保護者の皆様、田村さん、目標達成のため応援して下さった皆様ありがとうございました。決勝進出の目標を果たし、決勝のレースは新たに目標をたて頑張って参りますので、今後もよろしくお願いします!

それでは失礼します。


→応援に来てくれました四年生


→三年


→一年


→二年集合写真がないため2年番長佐野



→決勝決まった瞬間


→OBさんから頂いた、お祝いケーキ!

コメントの投稿

Secret

プロフィール

専修大学体育会ヨット部

専修大学体育会ヨット部

文字サイズ
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
931位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マリンスポーツ
41位
アクセスランキングを見る>>
今日のお天気
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カウンター
検索フォーム