春イン予選 3824ペア

[3824 大川 中西]
2年の中西です。今回の春インカレでは3824艇のクルーとして大川先輩と出場しました。そして自分にとっては初の公式戦出場となりました。今回の大会では土曜日曜で計7レースを行い、二日間で南風・北風と異なったコンディションの中でのレースとなりました。今回のレースを通して感じた事は、上位校になればなる程上手くスタートを切れているという事です。自分たちの艇の課題であったスタートで良いスタートを切る事が出来ませんでした。どのレースでも高さが取れず第一線ではなく第二線からのスタートになってしまい、フレッシュな風で走る事が出来ませんでした。原因の一つとして、スタート前にはクルーは視野を広げ常にキョロキョロとしていなければならないにも関わらず、自分は下ばかりを気にしてしまい、ラインまでの距離などの報告が出来ていませんでした。そして、それは上りレグでも同じで、二日目の北風のコンディションではブローが読みやすかったのにも関わらずブローが読めず、微風ではブローの掴みが大事であるのに掴めず、スキッパーに負担を掛けてばかりでした。今回のレースでは動作面だけでなく、情報の大切さを改めて実感させられたレースとなりました。日頃の練習から常に視野を広げ、情報の報告を絶やさないよう取り組んでいきます。応援ありがとうございました。



三番艇スキッパー兼主将の大川です。

今回のレース結果は真摯に自分達の実力だと受けとめます。
ただ、何故勝てなかったのかが、今回は大きな事ではなく小さな事の積み重ねだったと考えています。風の逃がす量が順位が良い艇より多かったり、1つのアクション毎に減速する割合が多かった事がチーム全体としても挙げられます。
だからこそ、悔しいです。専修大学は丁寧な走り、基本を意識して練習に取り組んできました。知識を共有し視点を広げ練習に繋げ、反省をしてきました。しかし足りなかった、もしくは間違っていたという事実を突きつけられました。
自分を含め部員全員の力を引き出す事が出来なかった。主将としての考えが甘かったです。
この春の結果が意味するものを追求し部員達と向き合っていきます。

最後に、今回のレースで最後まで応援して下さった皆様、本当にありがとうございました。たった一言の声だけでも自分達は本当に勇気づけられます。ただ、自分達からその応援に応えられなかった事が何より申し訳ないです。
今後とも自分達は体制を見直し全力でまた取り組んで行くので勝手ですが、どうか応援宜しくお願いします。

春イン予選 4034ペア

[4034 大内 古市]
4034クルーの古市です。
自分としてはレーシングメンバーとして初めての春インカレとなりました。
レースを終えて順位が1番悪く、2番艇としての走りができずにチームの足を引っ張った結果になってしまいました。順位を落とした原因の1つに1マークまでの順位が悪いことがあり、スタートは一線で切っているけれどクローズの帆走で順位を大きく落としてしまいました。
思い通りにいかなくなった展開の中でどれだけ順位を落とさずに走るのかが難しかったです。
また、艇内の雰囲気としては、悪い順位の時に盛り上げきれずテンションを一定にできていなかったという反省が上がりました。入りの勢いはとても重要なのでもっと大内先輩と雰囲気を高めていきたいです。

自分の課題としては、より一層スキッパーの負担を減らすことだと実感しました。海面の状況を含め、艇の位置関係や次レグの風など次の展開までを考えられるようにより練習を積み、最終的に秋インカレでリベンジを果たしたいです。
応援してくださった皆様ありがとうございました!
今後ともよろしくお願いします!


4034スキッパー4年の大内です。
決勝進出を果たすことができず、非常に悔しい思いをしてしまいました。応援していただいた皆様の期待に応えることができず、申し訳ありません。
今回のレースでは
1マークまでの順位が悪くそこから
追い上げる展開がほとんどで
毎回苦しいレース展開をしてしまいました。
原因としてはスタート後のBSと
レグ全体での上り角度の悪さからでした。
1マークを回航後はラムラインを走ることや
下回航でインを取ることで順位をあげることに
成功しました。

今後の課題として
クローズのVMGの見直しをして
もっと帆走のスキルにこだわり上マークまでの
順位をあげることが自分達の課題です。

いつまでも落ち込んでいる
専修ではありません。今後個選、秋インと
今回負けてしまった大学にリベンジできる機会はまだあります。
次に向けてまた新たに
スタートしていきます。
OB・保護者の皆様応援ありがとうございました。

次の記事には、引き続き3824ペアの感想を載せます!

2016年度関東学生ヨット春季選手権大会予選 4569ペア

こんばんは、4月24日(日)に行われました、関東学生ヨット春季選手権大会予選2日目の結果及び最終結果を報告させていただきます。ご報告が遅れてしまい申し訳ございません。

4569 吉田 德永
5R 19 / 6R 18 / 7R 20

4034 大内 古市
5R 20 / 6R 30 / 7R 39

3824 大川 中西
5R 34 / 6R 28 / 7R 31

総合
合計得点 545点
順位 10位/16校中

となりました。

[4569 吉田 德永]
こんばんは!3年の吉田です!
4569の初の公式戦デビューしました!新艇の贈呈してくださったOB、OGの皆様に感謝しております!
今回は残念ながら決勝進出を果たせませんでした。決勝進出を途絶えさせてしまった事がとても悔しいです。なぜ決勝進出できなかったのかと考えた時に、まず最初に思いつくのがチームレースが足りていなかったのかなと思いました。練習の中で常にチームというものを意識する事が足りていなかったと思います。
今回のインカレで初めて一番艇を任されました。今までは松田先輩、奈良先輩がいたため三番艇をやっていましたが、三番艇にとってのレースと一番艇にとってのレースは全く違うものでした。今までにはなかったプレッシャーや他の艇を引っ張っていく責任感を持ちながら走るのは枷となる部分もありましたが、自分の闘争心を燃やしてくれるものともなりました。
しかし今回の自分結果は去年と比べて確実にレベルアップはしていると感じていますが、一番艇としてこの結果には満足していません。というのも、レースの前に自分の勝ちたい相手をピックアップしていましたが、その全員に勝てなかったからです。勝ちたい相手に負けた原因は大きな部分ではなく細かい部分であったと思います。ブロー一つに対する対処で徐々に差がつけられていると感じました。そして結果からみてわかるように後半にかけて成績が悪くなっている所をもっと改善していかなければいけないと思いました。
これからの練習は、技術はもちろん、細かい部分を徹底して行い、チームを意識して練習するべきだと分かりました。

今回はこのような結果になってしまいましたが、応援してくださった方々にはとても感謝しております!
次はもっと躍進していると思うのでこれからも応援よろしくお願いします!

それでは失礼します。


1番艇4569クルーの徳永です。
結果から報告すると69は一日目7・9・16・23二日目19・18・20・計112点でした。一言でまとめると69の目標は一日目は達成できたのですが、二日目で順位を落としてしまい不甲斐ない結果になりました。しかし、失敗をしても2人で話し合いながらレースを展開でき挽回することができたのは良かった所です。レースを終えて改めて、シングルをとれた時のレースと取れなかった時のレースをしっかり2人で話し合い、少しでも安定して高い順位を取れるようにしていきます!また、1番艇としての反省も妥協なくし、これからに活かしていきます。

・スタート前から話し合いスタートは役割分担をしっかりすることができ、致命的なミスはなかったです。
・上りはレース毎やレース中の風の強弱に合わせたセッティングがビシッと決まらずBS・角度が悪かったのが課題です。
・下りは艇としても自身があったので、上手く挽回するポイントとして活用できました。
・リーチングは個人的には風が落ちた時の対処をもっと勉強する必要があります。

スキッパーの吉田とは春合宿から新艇の整備を中心に、練習時間の少ない中春インカレに向けて、お互いの癖を理解し、話し合い、擦り合わせることができたことに感謝します。艇内の雰囲気は良かったと思います。しかし、もっともっと乗ってお互いのweak pointを見つけ・改善し、strong pointをつくって行く必要があります。

最後になりますが、応援してくださったOB・OG・保護者様・チームメイト・江ノ島・葉山の方々みんなに感謝します。ありがとうございました。今回の悔しさをバネに次の結果につなげるので、これからも応援よろしくお願いします!

吉田との反省であがった細かい技術面はまだまだありますが、以上で失礼します。 ⛵徳永⛵


次の記事には引き続き4034ペアの感想を載せます!

関東学生ヨット春季選手権大会予選1日目

こんばんは!2年の増田です。
本日は関東学生ヨット春季選手権大会予選1日目でした。

本日は4レースを行い、現時点での結果をご報告させていただきます。

3824 大川・中西
1R 26/45
2R 37/45
3R 33/45
4R 24/45

4034 大内・古市
1R 36/45
2R 31/45
3R 31/45
4R 33/45

4569 吉田・徳永
1R 7/45
2R 9/45
3R 16/45
4R 23/45

総合
合計得点 306点
順位 11/16

となりました。

今日の午前は風が0から2ノットが続き、出艇してからすぐレースを行うことができず、海上で風待ちとなりました。出艇直後は60度から80度の風が吹いていましたが数分後には風が南に回り、210度から240度が続き、11時頃には安定して3ノット吹き始め230度設定で1レース目を始めました。しかし、210度が強めに入ったため210度でチャーリーを行いました。その後、2、3、4レースは風が180度で安定したため180度設定でレースを行いました。また、2、3、4レースとレースが進むにつれ、風が上がり、7ノットが基本で最大では11ノット吹きました。今日は一日中晴れた天気であり、今日の風は南風であったため、一度風が安定するとしばらく安定していました。今日は大潮でおされるコンディションで、リコールもなくスムーズに4レース消化することが出来ました。

今回の結果を見ていただいて分かるように私たちが目指していた目標にはほど遠い結果となってしまいました。各艇それぞれ掲げていた目標を達成することができず、満足のいく走りを行うことができませんでした。今日の結果を経て私たちは何がよかったのか、また何が悪かったのかをベストとワーストコースをあげ、それぞれ全体で分析を行い、明日のレースをどのようにむかえるべきなのかを反省しました。反省するなかで感じたこととして各艇コミュニケーションがとれていた、とれていないなどで走りにとても影響していたと感じました。そのため、明日をむかえるうえで私たちは470同士、ペア同士コミュニケーションをしっかりとっていこうと決めました。
明日の風は今日の南風とは異なり、北風予報ということでまた今日とは異なった戦術戦略となりますがコミュニケーションを大切にすることは変わらず、今日の結果を重く受け止め、北風の対応をしっかりしていきます。引き続き応援の方がよろしくお願いいたします!
それでは失礼します!

2016年度関東女子ヨット春季選手権大会

こんばんは。4年の田中です。
本日、女子インカレは荒天のため中止となり、昨日の結果が最終成績となりました。

昨日のレースでは、午前中は南に回る前の残っている北風でスタートしましたが、ノーレースとなり、
お昼過ぎに南で安定し、2レースを消化しました。
毎回の課題である、スタートダッシュが今回も達成出来ず不甲斐ないレースをしてしまい悔しい気持ちでいっぱいです。

後ろの方を走ってしまうと焦って考え通りに走っていないことが多かったです。
レース経験が多いにも関わらず余裕を作れていないことは情けなく思います。
また、序盤で上位に食い込めたのに、後半で弱気になって置いていかれる場面もありました。
後輩でありクルーの麻生は、初レースで緊張していましたが、私が静かになっていると頑張って声をかけてくれたり、前向きな気持ちでいてくれて助けられた部分が多々ありました。
落ち着いて考えると勿体ないレース展開だったと実感しています。

この結果を重く受け止め、このような結果を出さないために何をすべきか考え直し、陸での生活から改めていきます。

来週の春インカレは、この悔しさを活かして挑みます。
応援のほど宜しくお願いします。

それでは、失礼します。


2年の麻生です。
初めてのレース、4年生の田中先輩と出場しました。荒天のため2レースしかできず、また自分のイメージしていたレース結果、内容とはほど遠い結果に、悔しい気持ちでいっぱいになりました。戦略を考え、次はこうする!と2人で共有しても、レースが始まると常に変わる周りの状況に頭が全くついていきませんでした。悔しくて次は絶対他艇に勝ちたい。でもどうすれば勝てるのかが分からず、艇の雰囲気を良くすることがまず、自分にできることだと学びました。雰囲気が良い時はBSがいい。私達の弱さは技術不足もありますが、メンタルの弱さです。普段の練習への取り組み方がいかに甘いかを痛感しました。今回見えた課題は多く、ヨット競技は難しい。が率直な感想ですが、次の練習から自分に必要なことが見つかりました。また、楽しかったこと、学んだこともたくさんあります。特にリーチングは今までで一番気持ちよかったです。逆に私はスピンが課題です。次のレースまで自分のなりたいイメージを常に持ち、練習に臨みます。応援ありがとうございました。


2年の増田です。
今回女子インに星と参加し、1番に反省するべき点として風を読み、それに合わせての走りができなかった点です。予報でも右に振れると分かっていたはずなのに右に振れる風に対応できていませんでした。それに対して私たちはお互いスタート前の風の情報をこまめにとり、それに基づいて話し合い、どのような走りをするべきなのかをもっとお互いに考えるべきでした。
風を読むスポーツであるのにその基本ができていなかったのが私たちの1番の反省です。今後、練習でも今までの風の情報をもとに今日はどのような風になるのか、練習に出る前にお互いに話し合っていくべきであると考えています。


2年の星です。私は3628のクルーとして増田と乗りました。
今回の私たちの目標は、英語を取らないことと出場艇数20艇中18位の位置を狙っていくことでした。私個人の目標は、ペアの課題でもあるスタートを成功させることでした。先に結果を述べるのであれば、艇としての目標、英語を取らないことは達成できました。しかし、順位の方は20艇のうち1艇棄権したので、19位で走ったということは実質ビリを走っていたということになりました。敗因として考えられるのは、風が右に振れていると分かっていた状況で、上りレグでは右に伸ばしたかったとはいえヘダーを走り過ぎたこと、下りでは右振れ即ジャイブというセオリーを実行せず、回航後そのままベアウェイで走ったことです。また、課題であるスタートは、第一線で出ることに囚われすぎて、上側に集中していた艇団から離れた下側の位置でスタートしてしまいましたが、フルスピードで出ることもできず、これも敗因の1つだと考えていて、まだ課題として残るスタートにしてしまいました。結果として悔しさが残ったレースでした。コース引きだけでなく、動作面でも課題が洗い出せたので、今後の練習に繋げていきます。秋の大会では勝ちを取りに行きたいので、自分を甘やかさずに練習に励みます。
応援していただいた皆様、ありがとうございました。
それでは、失礼します。

4月16日 春女子イン1日目

こんばんは!2年の河村です!
本日は関東学生ヨット春季選手権大会1日目でした。
本日は2レース行い、現時点での結果を報告させていただきます!

3628 増田・星
1R 19/21
2R 19/21

4013 田中・麻生
1R 17/21
2R 17/21

と、なりました。

午前中は北東の風が吹いていて50°設定でレースがスタートしましたが、無風となり途中でN旗があがりノーレースとなりました。
1日を通し天気は良く、午前中テンダーでは風が吹かないと暑いほどでした。海面もとてもフラットでした。
海上で1時間半程風待ちをした後、6~8m吹いてきて160°設定で2レース行われました。
少し白波がたっていました。その後レース中も風は右に振れていき、南西の風になりました。

結果を見てもわかるように満足の走りができたわけではありません。なぜこのような結果になったのかを考えたとき、私は私生活が影響しているのでは感じました。整理整頓をする、時間を守る、大きな声で挨拶をするなど当たり前なことができておらず部としても今日くらいはいいだろうなどという妥協の気持ちが少なからずあったかなと感じます。このままではダメだと今回の結果ではっきりと感じさせられました。学校でも部活でも自分の行動を一度見直し、当たり前のことは当たり前にできるようにし、さらに勝負時に神様が味方してくれるような行動をとっていこうと感じました。
テンダーからのサポートとして、焦って頭が真っ白になっているレーシングメンバーに対し、元気よく冷静に状況説明をし、次のレースに向けて頭が切れ変えられるような声掛けをもっとしていかなければと感じました。
悪いことばかりではなく、2レース目4013田中・麻生の艇は1マークを4位で回航するなど春合宿で練習してきた成果も確実に表れています!この時の感覚を忘れず、みんなに共有することが大切だと感じました。私もこの時の感覚を味わいたいです!

私はレースを見ていて、私と同じ時期にスキッパーを始めた他大学の同期の選手が結果を残しているのを見て負けてられないと強く感じました。この気持ちを大切にし、これからその選手をライバルとして練習に臨みます!!


明日は今日の反省を踏まえ頭を切り替え、緊張感を持ちつつも強風に負けないように声を出して頑張ります!応援よろしくお願いします‼︎
それでは失礼します。

4月10日試乗会2日目!&曳航

こんばんは、四年の佐野です。

本日は、昨日に引き続き試乗会を行いました!昨日よりも多く8人の1年生が参加してくれました!
日差しもあり暖かく、南風の微風と試乗会日和で陸トレ中から海から帰ってきたあとまで1年生は終始「難しいけど楽しかった!」とヨットに乗るという初めての経験に、はしゃいだ様子で話してくれました。
今日来てくれた1年生も、昨日の1年生たちもワクワクした様子で新しいスポーツとの出会いを大いに楽しんでもらえてよかったです。

午後は江ノ島を観光し、展望台のところまで上りながら江ノ島神社を案内したりハーバーを上から見たりと試乗会とはまた違う江ノ島の一面を紹介できたと思います。

また、同じく午後に平行して葉山への曳航を行いました。今回は電通大学に協力いただき、レース艇5艇を無事に葉山へ曳航することができました。
ご協力いただいた電通大学さんありがとうございました。

来週の女子インカレを皮切りに春のレースが葉山にて行われます。チーム全体で改めて気を引き締めレースに挑みます。この春も秋から引き続き、私はサポートチームとしての参加となります。レーシングメンバーが全力で戦える状態をしっかりと作り、支え、五大戦で出た反省を活かし「早く、正確な情報を海へ届ける」ことを念頭にいき、この春のレースを戦い抜きます。

それでは、失礼します。



4月9日試乗会1日目!

こんばんは!2年の麻生です。
試乗会1日目!
暖かく風も落ち着いていて、試乗会日和でした!
今日は6人の1年生が来てくれました。
1年生は短い時間の中で、トラピーズ、スピントリム、ハイクアウトを体験し、舵を持ってる子もいました。私はテンダーから見ていましたが、誰も怖がる様子もなく楽しそうに乗っていて、一人ひとりに感想を聞いてみたら「楽しかった」、「気持ちよかった」と言ってくれて、昨年私も試乗会に来て入部を決めたので、とても嬉しい気持ちになりました。
中にはもう入部を決めてくれている1年生も2人いて、新しい部活が楽しみです。明日は試乗会2日目。来てくれた全員に部の良い雰囲気を感じてもらえるよう頑張りましょう!
午後は、レース前最後の練習。試乗会モードから練習モードに切り替え、スタ練多めの上下回航練をしました。今日はOG、OBの松田先輩、奈良先輩のテンダーから見た改善点と、スタートを何度も繰り返し行ったことで、自分達の改善点を追求でき、次どうしたら良いスタートをきれるのか常に考えることができました。今日私が一番得たものは他艇の動きを見て、自分は何をしなくてはいけないか。上の艇がS字をしたら、ジブを入れたら私はどうしなくてはいけないのか、今まで回りが全く見えていなかったことを実感しました。来週はレースなので、今日得たものを何度もイメトレします。
明日の試乗会も頑張りましょう!
それでは失礼します。

4月3日新年度練習始め!

こんにちは、4年の渡邊です。
いよいよ桜が咲きました。例年少し私の実家の愛知県の方が開花が早いので3年経ったとはいえ、上京したのだとしみじみ感じます。

今日のテーマはスタートでした。具体的には2分前には並び始めてラインを形成すること、混戦の中でも確実に出られるようになること、ラインからの見通しをしっかり把握することでした。
奈良先輩が今日1日練習を見てくださり、午前中は4艇出しで出ました。微風下での出艇でしたが、過去のインカレでO旗が適用のまま風が急激に落ちた経験から当初の予定から変更してロッキング有りのショートマーク練を行いました。体力の消耗が激しいメニューだったので技術面だけでなく、特に2年生にとっては体力面でも課題が出た練習となりました。
その後風がしばらく安定しなかったため、早めに切り上げ整備を行い、南に安定(180〜220°)してから再び出艇しました。
午後は当初の予定通り、スタートに重点を置いた練習を行いました。最初数回は2分前にそろって並ぶこともままならなず、また意図的に混戦状態を作るためスタートライン幅を短くしたこともあり各艇思うようなスタートが切れないことが多かったですが、十数回目には2分前に並べるようになり、二十回目前後にはS字やダブルタックといった小技を屈指しスタートの質が全体で上昇しました。しかし権利の主張や不利な状況に陥った時の復帰する力、走り始めるタイミング、クルースキッパー同士での息を合わせることなどがまだまだ足りず、今後の課題として浮き彫りになりました。

季節の変わり目です、花粉症の私には常時とても辛い時期ですが(笑)皆さん体調にはしっかり気をつけましょう!

では、失礼します。
プロフィール

専修大学体育会ヨット部

専修大学体育会ヨット部

文字サイズ
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1060位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マリンスポーツ
57位
アクセスランキングを見る>>
今日のお天気
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
検索フォーム