1月25日

こんにちは。1年の渡邊です。

お久しぶりです!
そして、あけましておめでとうございます!
今年も・・・いえ、今年は更にお世話になろうと思うので、皆々様御覚悟の上、よろしくおねがいします!!

年末年始、いかがお過ごしでしたか?
自分は友達と戯れる、スキー、友達と食事、スキー、友達とドライブ、新年射会(年始めの弓引き)をして過ごし、学校始めの一週間からホームシック気味で、なんとかリハビリをして回復途上な今現在です。

1年の一部は先週、二級船舶習得のため逗子マリーナにて試験を受けて参りました。結果全員合格し、来月から行われる合宿の運営に大きく貢献できるようになると思います。

さて、本日は自分を含む2名で現専修大学バスケットボールのトレーナをしていらっしゃる、高橋基樹さんによる、コンディショニングセミナーに行って参りました。

冒頭のあいさつから、「最近、専修全体で大会の成績がよくない!」とか「自分はチームの戦力になっているのか!?」といった言葉を投げかけられ、自分の受け持っている部活のみならず、専修全体の成績を良くしていこうという気概を感じられた、情熱的なセミナーでした。

内容はといいますと、前半は教室にて講義を聴き、後半は実習を行いました。
講義は題の通り、怪我の予防、治療の仕方、怪我の種類、想定について聴きました。とくに前十字靱帯(ACL)の損傷をはじめとする膝や股関節といった下半身について説かれていました。怪我は些細なことから起きることを強く感じた講義となりました。(個人的には怪我をする映像をたくさん見たので、感情移入して足が痛くなってきました・・・。)
実習では運動前ないし常に毎日するのがいいというストレッチの仕方を学びました。
「体を痛めた時、リハビリを病院では実生活に支障を来さない程度行ってくれるが、私たちアスリートは原状復帰しなければならないので、それだけでは足りない!」「もし、仮に痛めたとしても治るまで活動を中断するのではなく、使える筋肉だけでも鍛え続ければ、復帰した時、以前よりもレベルが必ず上がっているだろう。」
などと、今までの自分の価値観と違った言葉を聴いて、自分のアスリート意識が上がった気がします。

最後に、貴重な体験をさせてくださった高橋さんに感謝するとともに、もうすぐ始まるヨットをがんばりましょう!!

今回は、これにて失礼します。
プロフィール

専修大学体育会ヨット部

専修大学体育会ヨット部

文字サイズ
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1291位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マリンスポーツ
73位
アクセスランキングを見る>>
今日のお天気
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カウンター
検索フォーム