2月25日 精度とスピード!

こんばんは、一年の村上です。
昨日のブログの更新が遅れて今日になってしまい申し訳ありません。
昨日は午前に整備を行い、午後は江の島で活動している他大学と合同練習を行いました。
予報では1日通して風が吹かない予報でしたが、午後から5〜7mほど吹き個人的には好きなコンディションで練習することができました。
今回、感じたこととしては、タックやジャイブの細かいミスが大きな差に繋がるということです。トラピーズタックで艇内に戻るタイミングが早かったり、トラピーズに出るタイミングが遅くかったりといった積み重ねが大きな差に繋がってしまったと思います。前からの課題ですが、まずは動作をしっかりやる、そしてクルーとして周りの情報を報告するといった一つ一つの課題を潰していかなければと痛感しました。
そして、マーク回航ですが、サークリングを継続して行っていることで落ち着いて回ることは出来るようになりました。ですが、まだまだ精度の面で向上の余地があるので、実践を意識した練習、イメージトレーニングをしていきたいと思います!
最後になりましたが、和也さんへ部員から誕生日プレゼントが手渡されました!改めて、誕生日おめでとうございます!
それでは、失礼します。

2月26日 微風は休めない

こんばんは。
宮里先輩のもと、工具係を勤めています1年の今野です!もうすぐ3月ですね!

今日の練習、風域は微風でした。先輩が「微風コンディションが一番難しい」と言っているのを聞いたことがあります。自分は微風は黙って座ってるものだろうと考えており、強風に比べて易しいものだと思っていました。
しかし、以前よりヨットを知るようになってきた今微風の難しさを体感しました。微風では些細なミスが船の失速に大きくつながっていること。その些細なミスの失速が積み重なって他艇と差がつくのだと分かりました。例えばスピンを張り続けられていた時間、頭1個分のヒールバランス、繊細な動きが求められる微風は職人芸と似ているものを感じます。

今日の自分の目標はブローを見ることでした。この目標は今日の練習だけでなく、この春の当分の目標です。自分はまだブローがほんのちょっとしか分かりません。これまでブローが見えれば、と悔しいミスを何度か経験しました。とにもかくにもブローが見えたらきっとヨットマンとして大きく成長出来る気がします。遠くを見れる人というのはかっこいいと思います。自分も遠くを見てかっこよくなります!

2月24日 昼着なし練習

こんばんは。2年の麻生です。

今日は風が午後落ちる予報だったため、午前と午後に分けず、昼着艇なしの練習をしました。
練習内容は帆走練習とサークリングを交代ごとにしたのですが、午前は風が最大10m/s、うねりも大きく、強弱が激しかったです。午後になるにつれ予報通り風も落ちていき、風のない中、どう失速せずマークを回るかが難しいと感じました。
私は同期の増田と乗りました。最近増田とは乗ることが多くなってきたのですが、最初は全然息が合わず、なかなか上手くいきませんでしたが、サークリングの回数を重ねるごとにタイミングやコミュニーケーションが良くなっていき、マークに対する2人の船の動かし方も良くなってきたと感じました。こう感じる時が私はとても楽しいです!まだまだ課題だらけですが、楽しいと感じながら練習することを意識して、春合宿頑張っていきます!
寒さには負けそうになりますが、防寒はしっかり!風邪をひかないよう頑張っていきましょう!
プロフィール

専修大学体育会ヨット部

専修大学体育会ヨット部

文字サイズ
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1307位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マリンスポーツ
69位
アクセスランキングを見る>>
今日のお天気
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
カウンター
検索フォーム